So-net無料ブログ作成
検索選択

蜂に刺されました [寄り道]

久方ぶりにHGの渓流を見に行ってきました・・・
釣りには行ったのですが・・・
昨年の台風で無残にも、
一匹の魚さんの影も見ることも無く、
挙句の果てに、泣きっ面では無くてお尻にプツリ;_;
スズメバチでした、巣の側を通ってしまったのでしょう、
幸い3匹くらいしか飛んでいませんでしたが、
1匹が追いかけてきます、帽子を振り回し、
走りながら、虫除けスプレーを自分の周りにふり掛けました、
どうやら退散してくれ、被害はお尻の一箇所だけ、
オイラックス軟膏をぬりましたが、
その日は帰るまでチクチク、チクチク・・・;_;
が、それほど腫れませんでした。
てっきり熱を持って、もっと腫れるのかと思ったのですが、
二日目からは、痒みが、三日目も痒みですがだいぶマシになりました。

みなさん、蜂に刺された時の症状ってどうでした?
インターネットで調べたら99%がほとんど私みたいな症状らしく、
一部の人がかなりひどい症状を示すようです。
2回目に刺されたら、死ぬと云う話しも聞きますが、
さてさて、次はどうなる事やら・・・
注意一秒・・・
ね、塩さん、気をつけましょうね!
(や、最後は、私よりもっと危ない目に遭ってこられた塩さんに!
笑い話で済んでよかったですね・・・)


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 8

BaraZ

源流の緊張の中、ヤブゴキもしましたし、真っ黒闇の中の
ビバークでしたが最大の恐怖は川の水でした。蜂の強襲や
熊との遭遇も意識してましたがあの時は眼中になかった
というのが正直なとところですね。でも、いずれも恐怖ですよね。
Ichikoさん、蜂の件今度さされたらどうなるか等、よくよく調べて
くださいよ。お互い命を大切にしませう!
by BaraZ (2005-08-16 22:33) 

ichiko

渓流で阪大の学生が一人なくなりました。
残念です。釣りクラブとか・・・
無理してはいけませんよね!
無理すると何時かどこかでしわ寄せがくる・・・
後何年釣りにいけるかわかりませんが、
動けなくなるまで釣りがしたいので、
のんびりゆっくりで行こうとおもいます。
まだ少し家族のために働かんとならんので^^;
お互いに、お互いに!
by ichiko (2005-08-16 23:18) 

じょっ

阪大釣りクラブの件、新聞で見ました。非常に残念です。
双六に行くのに彼らはそれ相応の鍛錬、装備をしていたのか疑問です。
今さら他人の私が言う事ではありませんが…。
BaraZさんもかなりやばかったみたいですね。ロッククライミングの連中の
見解?では「岩屋より沢屋のほうがよっぽど危ない!」ってな事です。
私は怖がりなので直ぐ弱音を吐いて撤収するほうですが、油断は禁物。
ホント「お互いに、お互いに!」と「大概にしときや~」です。
by じょっ (2005-08-17 10:21) 

たにのいわな

阪大釣りクラブの学生さんにはご愁傷様でした。
さて、その危ない沢屋より危ないのが釣師ですね。
お互い無理は禁物です。
特に今年の様に大気が不安定な時は
深入りせずに早目の撤退が安全策でしょうか。
ichikoさんは熊よりも蜂の方に警戒ですね?
お大事に!
by たにのいわな (2005-08-17 19:10) 

matt

常に40%の余力を残して行動するのが安全につながります。
本気で源頭を攻めたい人は、一度きちんとした訓練を受けたほうがいいかもしれませんね。近頃は頭の中で軽くクリア出来てる場所も結構きつくなってきました。^^;歳のことも考えましょう。
by matt (2005-08-20 09:44) 

1g

年の数では、負けません^^;
(勝ちたくないですが(笑))
ほんと、毎年きつくなってきます^^;
いつまで行けるのか・・・
が、来年も行けるのかってね。
行けなくなるまで、行きたいとおもってます。
どっかで、折り合いをつけながら・・・
たかが遊び、されど遊び^^;
by 1g (2005-08-22 23:49) 

BaraZ

mattさんの、「常に余力40%~~」のコメント、大納得です。
仕事にも、遊びににも同じことが言えるように思います。無理を
するときにはそれだけの訓練経験が必要ですよね。ちょくっら
それなりの訓練を受けてくるか!、それとも、、、もう冒険的な釣り
はやめるか、、、、、。う~~~、どうします?1Gさん?
by BaraZ (2005-08-23 20:09) 

1g

私の場合は、訓練の前にダイエットと、
車通勤から足を洗う事なんですが^^;
これが又どちらも難しくて、
普通の釣行でも余力は5%をきってます^^;
とても冒険的な釣りはできません*_*
by 1g (2005-08-23 23:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。